FC2ブログ
 

本棚追加

紹介じゃないけど一応4コマカテゴリ。B・A・Mです。

週に1,2冊、場合によってはそれ以上のペースで4コマが増えていくので、本棚がパンクしましたw

というわけで、以前(大学時代)より使っていた本棚をまた追加しようとしたのですが・・・

1つ1万2000円

うそーん、そんなに高かったの。

本棚というか、ラック?で作りがそこそこしっかりしているので仕方なくはあるのですが・・・

大学入学前は親に任せてたから知らんかった・・・

さすがに今は本棚に1万2000も払うのはきつい(本を買う金なくなるw)ので、近所のカインズへ行って安物を買ってくることに。

こちらは約1/10の1400円。リーズナブルですな。

ただ、奥行きと棚の高さが足りませんでしたねえ。

4コマは大体A5判なのですが、買ってきたのはどうやらB6判なのかな?が限界の様子。

ハガレンとかその辺の単行本サイズですね。

まあ、一応そのサイズの本もあるので、そちらを新しい棚に移して、4コマをその空いたスペースに突っ込んで何とか収納させる事はできたんですけどね。

ただ、小さい方の単行本は奥と手前2列にして置いていたので、結局2列しか空かなかったんですよね・・・

A5サイズじゃ収まりませんし、2列だけだとまたそのうち困る事になりそ・・・

もう読まない奴はブックオフ辺りで売ってきますかねえ。

買って見たものの合わなくて途中で投げて、以降全く読まないのがいくつかありますし。

邪魔になるなら売ったほうがいいかも知れませんね。

どうせ二束三文でしょうけど・・・


では、今日はこの辺で
スポンサーサイト



 

思うことがあった

半分ぐらいどうでもいい話になりそうwB・A・Mです。

一応4コマの紹介ですけど、思うところがあったので半分ぐらい脱線しそうだという事を先に宣言しておきます。

DSC00653.jpgラッキーストライク

略すとらきs・・・やめよう。

割と珍しいボウリングを扱ったマンガです。

ボーリング×ボウリング○

ボウリングド素人の人が友達につられるがままに・・・と言うわけでもありませんでしたが。

主人公は表紙の赤髪の子で、レン。その友人でリンって子が居るわけですが・・・

ボーカロイド思い出したのは私だけではないはず。

まあそんなこんなあって、友人リンが所属していたボウリング部に入る事に。

4コマですけど、結構丁寧にボウリングのコツとかテクニックとか用語とか道具とかの解説入れてるんですよね。

オチ付きでわかりやすく。

作者ボウリング好きだなあw

4コマとしても普通に面白く、興味ある人にはオススメ。

2巻の帯に100点を取るには~的な事書いてありましたが、実際この辺の基礎守れば100は楽に越えるでしょうね。

全部じゃなくてもある程度覚えるだけでいけると思いますし。

で、このマンガで1番共感させられたのは・・・

ズバリ、マナーに関してのネタ

両親がやっていた時はブームだったそうで、色んな人がいたようですが、ブームが完全に去って下火な現代でも、割と色んな世代の人がやってるっぽいですね。

近所にボウリング場があって、私も両親に連れられて1時期結構やったりしてました。

で、やる前に両親からマナーと言うかルールというか、守るべき事を教えられて始めたのですが・・・

中にはそんなの一切無視でプレイしてる人もいるんですよね。

当たり前ながら若い人に多いです。

特に大勢でワイワイしながらやってるグループは厄介ですね。

男性はかっこいい所見せたいのか平然と危険な球放りますし、女性もやたら無駄にのんびりと投げます。

何より許せないのが同時投球

こちらがアプローチ入ってるのに平気で投げる連中、いるんですよね。

めっちゃ危険な行為です。もし知り合いと言った時にやってる人が居たら怒ってあげてください。

多分周りは非常に迷惑してますから。

同時投球が禁止されてる理由はいくつかありますが・・・

・投げるときの集中力が横から乱される
・危険防止(すっぽ抜けマジ怖い)
・機械の故障防止

と言った所ですか。

1番は危険防止かな?

すっぽ抜けはそこまで頻度高くないとしても、端のピンを狙う時とかってやっぱレーンの端に立つので、ボールが当たるとか色んな危険が付きまとうのは確かですね。

ただ、個人的には集中が途切れるってのが1番大きいです。

ボウリングってただ何も考えずに投げるならさておき、きっちり狙っていくと結構集中するんですよね。

で、集中して狙いを定めてアプローチに入って投げようとする瞬間、視界の端にやたらでかい動く物体が映ったとき、集中できるのか?って話です。

まあ、マナーを守らないor知らない人にはわからないことなんでしょうけどね・・・その時点で空気読めてないわけですし。

遊び場なので模範的にやれとは誰も言いませんが、最低限投球時のマナーは守るべきですね。

ボウリングやってる最中、何度そのせいでアプローチ中断させられたか・・・

集中途切れたまま投げてもいいスコアが出ないどころか、危険ですので中断せざるを得ないんですよね・・・

2巻の方で友人リンが同時投球に対してマジギレする場面がありますが、多分経験者は共感できるのではないでしょうかw


そういや、以前PSU時代にマコヤン他5人ほどでオフ会した時、ボウリングで遊んだのですが・・・

私1人だけスコア高め(と言っても120~40程度なのですが・・・)で文句言われましたねw

気軽にやるぐらいならスコア気にせず、マナーだけ覚えてやっていった方がいいですねw


さて、宣言どおり半分ほど脱線したところで、今日はこの辺で
 

心温まる、体冷える

そんなマンガ・・・でもないか。B・A・Mです。

今日紹介する4コマはこちら。

DSC00607.jpgレーカン

レーガンじゃないよ、レーニンでもないよ、レーカンだよ。

霊感って事ですね。

若干暗そうな感じの女の子と、霊感ってワードから怖い話かと思いきや、非常に心温まるハートフルなストーリーでしたw

主人公は当然ながら表紙の子、天海響ちゃん。

当たり前のように霊が見えるから、生きてる人と霊とを区別しないのです。

大体そういう設定の主人公って、人と距離を取ったり暗かったりするんですが、この子はとても優しく人懐っこいのがいいですねw

幽霊に対してもプレゼントをしたり、優しく接したりしてるので、幽霊からも好かれていてほのぼのしますねw

風呂や水着や裸を覗いて来る不埒なのもいるようですが・・・

そんな覗き霊たちも主人公が溺れそうになったときに慌てていたのもなんだか和んじゃいますねw

代返する霊とか、代返のときに噛む武者霊とか、通り魔殺人現場にいる自縛霊とか霊も個性様々で面白いんですよね。

もちろん人間サイドも、霊が大嫌いでおばあちゃん子のツンデレな井上さんを筆頭に個性的な面々が揃っていて飽きません。

基本的にギャグではあるんですが、感動なお話もあったりと色々内容的には盛りだくさんです。

次の巻が楽しみになりますね。

・・・唯一不満なのが、このマンガでもネコが・・・

ウゼエw


では、今日はこの辺で
 

う~ん・・・

評価に困るかも。B・A・Mです。

今日の作品はこちら

DSC00605.jpgもうダメかもしれない ①

久々に・・・何とも評価し難い・・・マンガですね。

ややゆるい感じ?

つまらないわけじゃないんだけどオチが弱い感じがしますね。

表紙は主人公で世界制服を企むお嬢様のん。バカです。

頭にティアラっぽいものを付けてお姫様っぽいですけど、お嬢様です。でもバカです。

主な登場人物は他に、ぱっと見天然系だけど、腹真っ黒で色々怪しい武器を携帯している委員長。

主人公をただひたすら弄んでいます。

後は途中から参加の常識人山下さん。フォークを投げれるらしいです。

ただのんと委員長の騒動に巻き込まれるだけの可愛そうな子です。オマケに影が恐ろしく薄いです。

そんな感じなので、主にのんと委員長との掛け合いがメインになるんですが・・・う~ん・・・

何というか、友情の友の字も無いですねw

バカなのんを委員長がからかったり弄んだりしている印象。

まあ、良くある構図ではあるんですが、あまり感じが良くないんですよね。

委員長の優しいところとか、いい所でもあれば印象は違うんでしょうけど、本当にただ弄んでるだけにしか見えないのが・・・

割と破綻してるけど、初めての友達ができてはしゃいでる、って風ではないんですよね。

他のマンガではそんなところに救われたりしたんですが、ギャグで片付けてるけどこれは何だかなあって感じがします。

オマケに山下さんの影が本当に薄い・・・本当にメインなのか・・・

のんもただただ常識の無いおバカさんでいい所が無く・・・

結局どのキャラも悪い意味でいい所がないのがネックですね。

絵やノリは嫌いじゃないんですが、ゆる系でキャラに魅力を感じないというのはちょっと痛いですね。

私個人に合わないってだけで、こういうのが好きな人には全然苦にならないと思いますけどね。


では、今日はこの辺で
 

4コマじゃなかったあああああ

割とよくあること。B・A・Mです。

版の大きさと出版社からなんとなーく4コマかなあと思って買ってみたら4コマではなかった。

そんな経験があるのは私だけでしょうか。

出版社とか、どこがどういう本を出しているのか知っていればあまりない事なのかも知れませんが・・・

あいにく私はあんま出版社とか意識してないんですよね。

そんな感じで買ってしまったのがこちらの1冊

DSC00611.jpg

ボーカロイドのデザイン書いた人が書いたマンガらしいですね。

話の内容は占いが得意な双子姉妹のちょっと変わった日常?的な話。

話自体は色々変化球が多いんですが、面白いと思います。

ただ、若干合わない感もあるんですが・・・

話の方向性が合わないのかな?

絵は綺麗なんですが、逆に綺麗過ぎて目が疲れる、ってのもあるかも知れません。

拘りなのか、結構しっかり書き込んでいるので、ゴチャっとしているという程ではないのですが、色使いが明暗はっきりしすぎてて目が痛く・・・

うーん、色んな意味で合わなかったかなあ。4コマじゃないし。

まあ今回は番外編ってことでw


では、今日はこの辺で
 
プロフィール

B・A・M

Author:B・A・M
The House of Fear管理人のブログです。
会社勤めになってから忙しい毎日です。
ネトゲも引退状態です。
でも面白いゲームを追い求めるのは変わってません。
HPの更新は期待しないでくださいw

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
PSUぴたっ!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる